スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里山クラブ岩国のバイオマス発電システム

 「里山クラブ岩国」の最終目標は食とエネルギーの自給自足である。だから当然、電気も自前で発電しなければいけない。

 そこで山にある木材という資源で発電する方法について考えてみた。

 現在すでに木材をエネルギー源とする発電システムは幾つか実用化されている。しかしそれらはどれも個人が手軽に利用できるものではない。

 高温高圧の蒸気でタービンを回すか、木材から燃焼性ガスをとりだす方法などが主流であるため、購入経費が一千万単位になるからだ。

 個人版発電システムはとにかく安価でなくてはいけない。ソーラーパネルの2百万円でも高すぎる。百万円代で、一般家庭が必要とする3キロワットの発電能力を持つシステムにしなければ普及しない。

 そのための仕組み(システム)が、ロケットストーブとスターリングエンジンを組み合わせた「個人用バイオマス発電システムである。

 ロケットストーブは、小型な物であれば五千円の材料費で自作できるほど単純な構造をした、完全燃焼が可能な薪ストーブである。

【ロケットストーブ】
DSCN3624_R.jpg
「画像をクリックで拡大」

以下に試作したストーブの模様(燃焼等)をビデオ映像で。




 完全燃焼して煙がでない薪ストーブは、30~50万円ぐらいする。それは完全燃焼をさせる構造が複雑であるためだ。

 しかしロケットストーブは構造が単純であるから、発電機器や木質ペレットを自動供給する装置を取付可能にしても、50万円以下で製造できるだろう。

 またスターリングエンジンは、今最もエコな外燃エンジンとして注目されている。しかし個人用の小型で安価なものは、まだ大量生産されていない。

 だが三百ワット程度なら20万円で発売しようとする計画が浮上している。それを考えるなら、大量生産により3キロワット規模で百万円も夢ではない。

 だから両者を合わせて買っても二百万円以下で収まるはずである。

 木を材料にした木質ペレットを完全燃焼させるのであるから、マンションはもちろん市街地の住宅でも設置は困難であろう。しかし自分の山を自宅近くに持っている山林地主なら、庭先や土間に設置することができる。

 自分の山から木を切り出して燃やせば、電気代がタダになるだけでなく、巧くすれば売電制度により現金収入が得られるようになる。そうなれば山に入り山を整備する人も増えて里山が復活するはずである。

間中範雄
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
会長メッセージ
プロフィール

里山クラブ岩国

Author:里山クラブ岩国
里山クラブ岩国ブログへようこそ!
会員募集中!

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご意見・ご感想はこちらから
本ブログへの要望や情報提供などを

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。